バイタルウェーブ 成分

バイタルウェーブの成分をチェック!

キャピキシル育毛剤の中でも最安値で有名なバイタルウェーブですが、実は安くても成分は充実しているんです。キャピキシル以外にも、最新の話題の成分が多く配合されています。

 

 

ここでは、バイタルウェーブの代表的な成分をチェックしてみましょう!

 

 

 

 

まずは原材料

水、エタノール、BG、アセチルテトラペプチド−3、アカツメクサ花エキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド−1、ヒト遺伝子組換ポリペプチド−11、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチド−31、プラセンタエキス(ウマ)、リンゴ果実培養細胞エキス、褐藻エキス、ローヤルゼリーエキス、オトギリソウ花/葉/茎エキス、マグワ根皮エキス、加水分解シルク、モウソウチクたけのこ皮エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ダイズ油、酸化亜鉛、グリチルリチン酸2K、1.2−ヘキサンジオール、チャ葉エキス、ベントナイト、シクロヘキサン−1,4−ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、グリセリン、乳酸Na、デキストラン、ピロ亜硫酸Na、グリシン、レシチン、リン酸Na、キサンタンガム塩化亜鉛、フェノキシエタノール

 

その中からバイタルウェーブの代表的な成分を確認してみましょう。

 

 

代表的な成分をチェック

キャピキシル

バイタルウェーブを購入する方は、このキャピキシル目当てで買う方が多いですね。バイタルウェーブでは国産では最高濃度の5%が配合されています。

 

 

あの有名なミノキシジルの3倍の発毛効果が、と言われることが多いキャピキシルなので、高い発毛効果が期待できる成分です。キャピキシルは副作用が少ないという特徴もあり、ミノキシジルで肌荒れした方にもオススメできる成分です。

 

 

成長因子

細胞の成長、増殖を促す成長因子です。最近育毛剤においても注目されている成分で、簡単に言うと毛母細胞に働きかけ活動を活発にします。

 

 

毛母細胞さえしっかり働けば、傷んだ毛根も復活するわけですね。そのため、薄毛が進行してしまっている状態でも成長因子は効果が出やすいと言われています。

 

 

リデンシル

こちらも最近注目されている成分のリデンシルです。簡単に言うと、発毛効果だけでなく脱毛を防ぐ効果もあり頭皮の炎症も抑えてくれます。リデンシルはミノキシジルとの比較実験もあり、ミノキシジルの約2倍の発毛効果があったとのこと。

 

 

ガゴメ昆布フコイダン

組織の再生を促進するガゴメ昆布フコイダンです。簡単にいうと、毛母細胞を活性化させてくれる作用があります。

 

 

馬プラセンタ

血行を良くしたり、毛母細胞を活性化します。他にも、頭皮の乾燥を防いだり、炎症を抑えたりします。

 

 

リンゴ幹細胞

リンゴ幹細胞には、細胞を修復する作用があります。育毛においては、髪の老化を防いだり、成長を促す育毛効果があります。

 

 

たけのこ皮エキス

アミノ酸が含まれるたけのこ皮は、毛包組織に作用し育毛を促します。さらに、頭皮を保湿したりする効果もあります。

 

 

バイタルウェーブには、キャピキシル以外の成分もとても充実していることがわかりますね。キャピキシル配合の中でも最安値だから質が悪いわけではありません。最新の育毛成分を配合したバイタルウェーブを選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

バイタルウェーブの最安値の販売店 homeへ